VMT TECH BLOG

汎用3Dデータって何?

汎用3Dデータってご存じでしょうか?

実はそれを使えば、活用の幅が広がり結構簡単にビジュアライゼーションなシステムを作れるって知ったら嬉しくないですか?

今回は私がおすすめする汎用データの紹介をさせていただきます。

こんにちは、
世界で25万以上ユーザがいる、
ハイブリットアプリ開発環境Monacaで世界で5人しかいないMonacaソムリエを
2年連続いただきました、山下です。

汎用3Dデータってイメージしにくい?

前回の記事や先日のWebセミナーでもお話ししましたが、

「汎用3Dデータ」って言われたところで普段、設計や製造で
3DCGや3DCGツールを使っている方はなかなかイメージ出来ないと思います。

なぜかというと、基本的にはそのツール内で業務が完結してしまうからです。

だたし、大概のツールは汎用3Dデータにエクスポートが可能なのですが、気づかない、
知らない方が多いというのも現実です

汎用3Dデータって何?

そもそも「汎用3Dデータ」とは、何でしょうか?

実は様々なシステムやツールで利用できる「公開3Dフォーマット」の事です。

「公開されている」というのはその3Dデータのフォーマット(仕様)が
公開されており、解析出来るというものです。

しかし、基本的に3DCGツールや3DCADツールで保存するデータ形式は公開されてないので
そのツール内でしか使えません。

しかし、汎用3Dデータでエクスポートすれば解析出来る状態になるという事です。

わかりやすく言うと、Excel形式で保存するとExcelしか見れないが、
CVS形式に書き出せば、他のツールでも見れるようになるといったものです。

それでは私のおすすめの汎用フォーマットを解説していきましょう!!

FBX(Filmbox)

FBXはAutodesk社が所有するファイル形式 (.fbx) です。

実はフォーマットは公開されていないのですが、SDK(C++、Python)を使って
読み書きが出来るようになります。
https://www.autodesk.co.jp/developer-network/platform-technologies/fbx

このフォーマットの特徴は何といってもAutodesk社の様々製品と互換性がある事です。

代表的なAutodesk製品として3dsMax、Maya、Softimageがありますが
この製品間でデータの互換性がありシームレスに作業が出来るという事が特徴です。

また、ファイル自体もマテリアルやアニメーションも再現できるため、
映画やゲームの正解でよく使われている形式になります。

もちろんSDKを使えば、システム開発でも活用できるため3DCGツールとの互換性は抜群です。

Collada(COLLAborative Design Activity)

クロノス・グループが管理するファイルフォーマットでXML形式のファイル形式(.dae)になります。

実はもともとCollda形式はソニー・コンピュータエンタテインメントがPlayStation 3とPSP向けの
開発用公式フォーマットとして策定したものになります。

ファイル自体はドキュメントが公開されており、様々な3DCGツールで
インポートエクスポートが可能です。
https://www.khronos.org/files/collada_spec_1_5_0_jp.pdf

また、ゲームエンジンの開発プラットフォームやWeb3Dのライブラリで使用できるため
活用の幅とても広いフォーマットになります。

もちろん、自力で解析が出来るので、インポートやエクスポートを自作して活用することも可能です。

特徴としては、物理的属性を定義出来るようになりますので、
摩擦係数や重力など物理シミュレーションに必要なパラメータを持たせることが可能です。

GLTF(GL Transmission Format)

最後にGLTFです。
こちらもクロノス・グループ管理しています。
個人的には一番トレンディなフォーマットですね。

JSON形式で表現しているため、こちらも解析は可能です。
https://github.com/KhronosGroup/glTF/blob/master/specification/2.0/README.md

最近はMicrosoftが積極的にこちらのデータを採用しているので、今後も注目のフォーマットになります。

こちらもCollada同様に様々な3DCGツールでエクスポート出来る為、
開発エンジンや、ライブラリでの活用の幅が広くなってきています。

実はWebでもJavaScriptでタグを入れるだけで簡単ARが実現できるなど、ECサイトなどでの活用も増えてきています。
https://modelviewer.dev/
※スマホで見ればARが楽しめます。

特徴はなんといってもリアルな質感を表現できるところです。
後はColladaとの互換性も高い為、相互変換が容易に出来ます。
もちろんアニメーションも出来ますよ。

こちらにブラウザで見れるサンプルなどが
公開されているので、是非体験してみてください。
https://github.khronos.org/glTF-Sample-Viewer-Release/

最後に

という事で、

汎用3Dデータはフォーマットが公開されており、様々な開発環境やライブラリで活用できる事はわかりましたよね?

また、自力で解析も出来る為、独自システムを開発が可能で弊社はそれに対応が可能です。

特に、弊社はデバイスやプラットフォームにあった汎用3Dデータを使った
システム開発提案が得意としております。

独自システムやサービスを開発したいでのあれば、何でもご相談に乗りますので、
こちらまでお問い合わせください。
https://valtes.smktg.jp/public/application/add/267

新着記事一覧

バルテス株式会社
VALTES Advanced Technology, Inc.