VMT TECH BLOG

クラウドストリーミングで、もう高スペックなPCは必要ない!?

例えば建築のインテリアデータや自動車のデータ、
オンラインゲームが高スペックなPCを買わなくても
ブラウザやスマートフォンやタブレットでも観れたら
嬉しくないですか?

皆さんこんにちは、
xRシステムを20年以上やりながら世界で
30万人以上いるユーザがいる
ハイブリッドアプリ環境Monacaで2年連続
Monacaソムリエをいただきました。山下です。

高スペックPC持っていますか?

皆さんオンラインゲームとかやってますか?
私はやってないです。
なぜかって?
そもそもPCのスペックが足りないからです。。。

そうなんです、こういうことやろうとすると
そこそこGPUを積んだPCじゃないと辛いんですよね。

あと、オンラインでブラウザ上でVRとか
3Dデータの閲覧サービス等あるのですが、
結局Web上でもリアルタイムレンダリング
しているのでPCスペックが足らないユーザー
にとっては辛いんですよね。。
逆にスマホの方が優秀だったりします。

要は何をするのも3Dデータって端末の
スペックに依存してしまうんです。

高画質データを作ったけど見せれないジレンマ

別に世の中の人全員が3Dデータを
観たいわけじゃないのはわかっていますがw。

少なからず、ビジネスで使う上で眠っている
需要は少なからずあると感じています。

つまり、高画質なデータを観たい人だけに
注目するのではなく、クライアントに高画質な
3Dデータをみせたいユーザーもいるんじゃないか?
と思っています。

特に非ゲーム分野(建築、自動車、医療等)では
日々その需要を感じています。
せっかく作った3Dデータをみせてインタラクティブ
な体験をクライアントとしたいのに

・表示できる端末が限られている
・導入コストもかかる
・結局クライアントには画像で見せている。
・360度画像で疑似的なVRになっている。

というジレンマを抱えているユーザーは
これまでに沢山見てきましたし、実際に
弊社ユーザーからもご要望は頂きました。

クラウドストリーミングと言う方法がある

最近5Gの通信技術の発展に伴い、大容量の
データを高速で通信できる環境が整ってきました。

3Dの分野でもようやくその技術を活用できる
方法があります。

それは「クラウドストリーミング」です。

簡単に言うとUnityやUnrealEngineで作成した
アプリケーション(ゲーム)をクラウド上で
レンダリングして、それをストリーミング配信する
と言うものです。

ストリーミング配信にはWebRTCと言う技術を
使って配信する為、動画のようにクライアントは
観ているだけでなく、ブラウザやスマホ等の
様々なデバイスからインタラクティブな操作が
可能なると言ったものになります。

WebRTCとは?

Web Real-Time Communicationの略で
APIを経由して、ウェブブラウザやモバイルアプリ
でリアルタイム通信を行うというものです。

皆さんが最近よく使ってるWeb会議システムは
WebRTCの技術が使われています。

今後は遠隔医療、オンラインフィットネス、
IoT映像配信、VRライブ配信など様々な
利用シーンが広がるようですね。

クラウドストリーミングのメリット、デメリット

まず、メリットはなんといっても
端末を問わず、高画質でインタラクティブな
データを閲覧できるというものです。

スペックを問わないので、データ閲覧の為に
ハードウェアに余計なコストをかける必要
がありません。

後はクライアントのハードルが下がる為、
ビジネスの利用シーンが広がる可能性があります。

今まで画像でプレゼンしたのが3Dデータで
閲覧できるので、イメージしやすく
クライアントへの訴求力も上がるかも
知れません。

デメリットはクラウドサーバー上でリアルタイムに
計算してストリーミング配信するので
GPUを積んだサーバーが必要になります。

そのためGPUサーバーのそのものの価格の問題
もありますが、

不特定多数の人が24時間利用すれば、その分稼働も
上がるので、費用がかさむ可能性があります。

実際にゲームエンジンのどういう技術?

では、実際にゲームエンジンのどういう技術
を使えばいいのか?というと

Unreal EngineではPixel Streaming
UnityではRender Streaming
と言う技術を使います。

こちらがその紹介動画です。
Production-ready Pixel Streaming | Feature Highlight | Unreal Engine 4.27

Introduction of Render Streaming

実際にこの技術を使った事例があります。

Signature Kitchen Suite社のキッチンコンフィギュレーター
https://virtualshowroom.signaturekitchensuite.com/

NOËL & MARQUET のルームデザイナー(スマホ非対応)
https://noel-marquet.net/room-designer/

海外サーバーなので、若干通信の遅延はありますが
ブラウザ上で観ることができ、GPUの負荷も
ほとんどかかっていません。

つまり、このくらい高画質なものがリアルタイムに
観れるというのは凄いの一言です。
是非一度体験してみてください。

技術的には十分可能

クラウドストリーミングを使えば、
潜在顧客へのアプローチが変わる可能性があります。

インタラクティブなコンテンツから実際に
インテリアであれば家具などの商品を購入したり
出来るかもしれませんね。

現実に近い状態でオンライン上で見えるというのは
クライアントもイメージしやすいので、新たな
ビジネスチャンスがありそうですね。

残念ながら、現時点で実用化というところは
まだまだと言うのが私の正直な感想です。

ただこの技術に関しては注目しているので
いずれ実現できるシステムを作りたいですね。

弊社はそれに先立って、xR(VR/AR/MR)技術について
研究・開発を進めております。
メタバースについて開発を検討している方は
こちらまでお問合せ下さい。

【3D開発エンジニアを募集中】
当社で開発している3D・VR・ARアプリケーションの開発エンジニアを募集中です。
詳しい求人内容はこちらをご覧ください。

Instagramを始めました!
是非フォローや「いいね!」をお願いいたします!
公式アカウントはこちら

新着記事一覧

バルテス株式会社
VALTES Advanced Technology, Inc.