VMT TECH BLOG

テレワークになって気づいたことと仕事の効率は?

どうも、Monacaソムリエ山下です。

このご時世、仕方ない事ではありますが、もっぱらコミュニティは
オンラインでの実施となりましたので、私のサウンド付きの美声を
伴った軽妙なトークを皆さんの前でご披露できないのは非常に残念なことです。

1日でも早く日常を取り戻して、またコミュニティでみなさんに会えることを
楽しみにしております。

さて、弊社(バルテス・モバイルテクノロジー)も大多数がテレワークに移行し
業務を進めています。

弊社はスマホアプリ、Webシステム開発、セキュリティ診断をメインとしていますので
そのあたり踏まえて、今回は「テレワークに移行してから気づいたこと」「仕事の効率は?」
を書いていきたいと思いますので、何か参考になればと思います。

■テレワークに移行する条件は?
 テレワークに移行する為に、必要最低限の条件は下記だと思います。

 ・必要なハードウェア・機材がそろっている
 ・社内システム、社外システムにアクセスできる
 ・自宅にネット環境がある

  まぁ、IT業界なので当たり前と言えば当たり前なのですが。
  この条件があれば、テレワークに移行しても支障なく仕事ができますね。
  要するに仕事する場所がオフィスから自宅に変わっただけなので。
  

■テレワークを開始してみて気づいた点
 自宅なので、仕事モードと自宅モードの切り替えが難しいじゃないか?
 仕事に集中できないんじゃないのか?と正直不安はありました。
 ※自宅には子供3人+犬1匹もいますので
 
 ですが、意外と切り替えは出来ています。出来るだけ隔離した状態で
 仕事してるのが大きいとは思いますが、集中して仕事は出来ていますね。
 

■テレワークをしていて意外と良かった点
 意外でも何でもないですが、通勤時間が0になります。
 私の場合家からオフィスまで約1時間なので、1日で往復分2時間が不要になります。
 これを1カ月(稼働日が20日)とすると約40時間生まれます。
 自分の趣味、家族との時間、勉強やらいろんなことを考える時間(余裕)が
 生まれたと言うことですね。有効に使いたいと思います。
 
 あと、当然ながら周りの空気に流されず作業は出来ます。
 それによって、ちょっと話しかけたらいい事でも、チャットやWeb会議をしない
 といけない手間が非効率を生むと思ったのですが、意外とそうでもないですね。
 
 ルールとして、PCの音源ONにして、いつでもWeb会議が出来る。
 いつ話しかけれらても対応できるようにすることを社内ルールで決めていたので
 会議の予定を調整する手間がなく、コミュニケーションの面では
 特に問題がありませんでした。

■テレワークで仕事の効率は上がったか?
 私の場合は、と前置きしますが、効率は上がっていません。
 オフィスといる時とさほど変わらず作業は出来ています。
 要するに下がっていない為、同じレベルで仕事が出来ています。
 在宅だから特別なツールを使っているわけではないので、極端に何かが
 不便になったり便利になったわけではありません。
 
 テレワークで新しく導入したツールが効率を上げるのであれば
 デスクワークになっても、きっと仕事の効率は上がると思いますね。
 
■テレワークで改善しないといけない点は?
 コミュニケーションの面で、私自身はいいのですが、
 全員が全員そうではないことは考慮しなくてはならないと考えています。
 
 つまり、「ちょっとこれ聞きたい」と思ったときに、
 誰に?/どのタイミングで?/どうやって聞いたらいい?
 このフローを整理して、気兼ねなくできる環境を作る必要がある。
 
 特に若い子は上司にいきなりWeb会議申込み(自分発進で会話をすること)も、
 やりにくいと感じる人もいるかもしれません。

 もちろん同じプロジェクト内であれば聞きやすいのですが、
 それ以外の専門的な知識を聞きたい時にテレワーク環境のせいで聞けなかった
 ということは避けなくてはなりません。

 また、「これちょっとどうなっている?」的な事など
 オフィスに居れば意識せずとも入ってきた情報もテレワークだとわかりにくい。
  
 話しかけやすい、相談しやすい雰囲気を、
 どうやってテレワーク環境で構築するか?

 これが課題というか、もっと改善していきたいですね。

more

新着記事一覧

バルテス株式会社
VALTES Advanced Technology, Inc.